イベントIFA+ サミット

https://www.ifaplussummit.com/

ドイツ、ベルリン

イベント情報

Kasparov は、1996 年と 1997 年に IBM の スーパーコンピューター「ディープ ブルー」と伝説的なチェスの対戦をして以来、人工知能、人と機械との交流、人権問題について真剣に取り組んできました。スマート テクノロジーの台頭に伴い、倫理的問題やオンラインのプライバシーを巡る責任は一段と複雑さを増しています。「IFA+ サミット」では Kasparov が、AI の普及で生じる課題と、この優れた技術に倫理規範やプライバシー保護を組み込むために、規制当局やテクノロジー業界は何をすればよいのかについて語ります。

講師の経歴

Garry Kasparov は、1963 年にソビエト連邦のアゼルバイジャン、バクーで生まれました。1985 年に史上最年少の世界チェス チャンピオンとなり、2005 年に引退するまで 20 年間世界有数のプレイヤーとして活躍しました。最大のライバルである Anatoly Karpov と IBM のスーパーコンピューター「ディープ ブルー」との対戦は、これまでにない形でチェスと人工知能を広く世に知らしめました。Kasparov はロシアの民主化リーダーにして、世界中の個人の自由を擁護している積極的な擁護者でもあり、ニューヨークに本拠を置く人権財団の会長として引き続き活動しています。彼はオックスフォード マーティン スクールの客員研究員で、講義の内容は人間と機械のコラボレーションが中心です。Kasparov は、意思決定、戦略、技術、人工知能について、ビジネス、学術、政治のプロ達に向けて積極的な講演活動を行っています。政治、認知、技術に関する彼の著作は影響力が大きく、世界中の多数の主要出版物に掲載されています。Kasparov は評価の高い 2 つのチェス本シリーズや、ベストセラーとなった意思決定に関する『How Life Imitates Chess』、ロシアとウラジミール・プーチンに関する『Winter is Coming』を執筆しました。新著『Deep Thinking: Where Machine Intelligence Ends and Human Creativity Begins』は 2017 年 5 月に出版されました。2016 年、彼はアバストのセキュリティ アンバサダーに任命され、サイバーセキュリティとデジタルの将来について議論を進めています。彼は妻の Dasha と 2 人の子供と共にニューヨーク市に住んでいます。

続きを読む

閉じる