18. 5月 2020

アバスト、中央アジア企業・政府機関を標的としたAPTグループのスパイ活動を検知

デジタルセキュリティおよびプライバシー製品のグローバルリーダーであるアバストは本日、中央アジアの企業や政府機関を標的としたAPT(Advanced Persistent Threats)攻撃を検出したことを発表しました。アバストは、ESETのマルウェアアナリストと共同で、APTグループが中央アジアの通信会社、ガス会社、政府機関においてスパイ活動を実施するために使用したマルウェアサンプルを分析しました。 該当APTグループは、企業ネットワークへ長期的なアクセスを得るためにバックドアを設置しており、以前モンゴル、ロシア、ベラルーシでも活動していたグループであるとアバストは分析しています。また、過去に中国のAPTグループによる使用が確認されているGh0st ...

24. 4月 2020

アバスト、安全に在宅勤務を行うためのセキュリティ上のヒントを公開

現在、全世界のあらゆる企業が従業員を新型コロナウイルスから守るため、在宅勤務を推奨、実施しています。デジタルセキュリティ製品のグローバルリーダーであるアバストは本日、安全に在宅勤務を行うためのヒントを公開しました。 アバストの最高情報セキュリティ責任者(CISO)であるジャヤ・バルー(Jaya Baloo)は、在宅勤務の実施により新型コロナウイルスから心身を保護するとともに、オンライン上の脅威からデバイスを守るためのヒントを以下の通り紹介しています。 1. 企業が行うべきセキュリティ対策 ...

23. 4月 2020

アバスト調査:日本人の9割が「SNSに投稿する写真に他の子どもが写っていても保護者から事前に許可を得ない」と回答

セ...

08. 4月 2020

アバスト、Android版「アバスト セキュア ブラウザ」を提供開始

セキュリティソフトのグローバルリーダーであるアバストは本日、Android版アバスト セキュア ブラウザを公開し、WindowsとMacで提供していた機能をモバイル向けにも展開しました。マルチプラットフォームブラウザの導入は、セキュリティとプライバシーサービスを統合し、あらゆるデバイスやOSにおいて、使いやすいUXデザインとより安全でよりプライベート、そしてより高速なブラウジング体験を提供するというアバストの取り組みの一環です。 Android版アバスト セキュア ...

31. 1月 2020

アバスト、関連会社Jumpshotの事業終了手続きを開始

アバストは本日、関連会社であるJumpshotへのデータ提供を終了し、Jumpshotの事業終了の手続きを開始したことを発表しました。アバストが提供するすべての製品は従来通りご利用いただけます。 アバストのCEOであるオンドレイ・ヴルチェク(Ondrej ...

12. 12月 2019

アバスト2020年版脅威予測レポートを発表

セキュリティソフトのグローバルリーダーであるアバストは、2020年のサイバーセキュリティ動向をまとめた「2020年版脅威予測レポート」を発表しました。 アバスト脅威研究所が予測した2020年の主なセキュリティトレンドは、以下の通りです。 高度化するPCマルウェアの拡散手法 アバストの脅威インテリジェンス・システムズ部門の責任者であるヤクブ・クロウステク(Jakub ...

21. 11月 2019

アバスト調査:20代女性の約4割が 「2人での食事中にスマホを使う」と回答

セキュリティソフトのグローバルリーダーであるアバストは本日、日本国内の20~69歳のインターネット利用者1,000人を対象に行ったインターネットリテラシーに関する調査結果「アバスト デジタルリテラシー調査:カップル・フレンド版」を発表しました。調査によると、日本人の20代女性の約4割が、「2人での食事中にスマホを使う」習慣があることが分かりました。それに対し、同じ回答をした20代男性は2割にとどまり、男女差が大きい結果となりました。 ...

15. 10月 2019

アバスト調査: 日本のスマホ世代がデバイスに保存している写真の30%が写りの悪い写真であることが明らかに

セキュリティソフトのグローバルリーダーであるアバストは本日調査結果を発表し、1人あたり平均952枚の写真をスマホ上に保存しており、そのうちの22%は写りの悪い、ピントがずれている、暗い、または重複した画像であることを明らかにしました。。調査によると、WhatsApp上に保存された画像は平均292枚、ユーザーが保存しているスクリーンショットは平均86枚で、これらの写真を削除すればデバイスの空き容量を少なくとも20%増やすことができます。 最も写真を保有している世代:25-44歳 ...

01. 10月 2019

アバスト、最大77件の権限を要求する Google Playの懐中電灯アプリを発見

  セキュリティソフトのグローバルリーダーであるアバストは、Android向けの懐中電灯アプリが平均25件の権限を要求していることを明らかにしました。アバストのモバイル脅威インテリジェンス プラットフォームであるapklab.ioを使用し、Google Play Storeで公開されている、もしくは過去に公開されていた937個の懐中電灯アプリの権限の要求状況を分析しました。これらのアプリのうち、408個のアプリは10件以下の権限、276個のアプリは11~49件の権限、262個のアプリは50~77件の権限を要求していることが判明しました。 権限を求めすぎるアプリ ...