イベントre:publica 2017 ベルリン

https://re-publica.com/en/dub16/page/republica-2017-berlin

ドイツ、ベルリン

イベント情報

Garry Kasparov が、インターネットの不正使用および人権、セキュリティ、プライバシーに対する影響について講演を行いました。

講師の経歴

Garry Kasparov は、1963 年にソビエト連邦のアゼルバイジャン、バクーで生まれました。1985 年に史上最年少の世界チェス チャンピオンとなり、2005 年に引退するまで 20 年間世界有数のプレイヤーとして活躍しました。最大のライバルである Anatoly Karpov と IBM のスーパーコンピュータ「ディープ・ブルー」との試合は、これまでにないやり方でチェスと人工知能を広く世に知らしめました。Kasparov はロシアの民主化リーダーにして、世界中の個人の自由を擁護している積極的な擁護者でもあり、ニューヨークに本拠を置く人権財団の会長として引き続き活動しています。彼はオックスフォード・マーティン・スクールの客員研究員で、講義の内容は人間と機械のコラボレーションが中心です。Kasparov は、意思決定、戦略、技術、人工知能についてビジネス、学術、政治の聴衆の前で頻繁に挑戦的な講演を行っています。政治、認知、技術に関する彼の著作は影響力が大きく、世界中の多数の主要出版物に掲載されています。彼はチェスについて有名なシリーズを 2 つ、ベストセラーとなった意思決定に関する「How Life Imitates Chess」、そしてロシアとウラジミール・プーチンに関する「Winter is Coming」を執筆しました。彼の新著「Deep Thinking: Where Machine Intelligence Ends and Human Creativity Begins」は 2017 年 5 月に出版されたばかりです。2016 年、彼はアバストのセキュリティ アンバサダーに任命され、サイバーセキュリティとデジタルの将来について議論を進めています。彼は妻の Dasha と 2 人の子供と一緒にニューヨーク市に住んでいます。

続きを読む

閉じる